緊急特集 ~新型コロナウイルスに関する融資制度~

経営お役立ち情報

世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症の影響で、売上高の減少や、売掛金の回収に影響が出ている会社も出てきております。有事の際こそ、キャッシュポジションを高める動きが重要になります。今回は3月末時点で活用できる可能性がある融資制度をご紹介します。

セーフティネット保証制度(経営安定関連保証)

セーフティネット保証は、外部要因により経営状況が悪化した中小企業が、市区町村の認定を受けることで、信用保証協会が別枠で最大2億8,000万円を保証してくれる制度です。今回は突発的災害時に適用される4号と、業界全体の景気悪化時に適用される5号が対象になります。4号と5号の併用も可能ですが、上限は合わせて2億8,000万円です。

<融資を受ける手順>
① 所定の「認定申請書」を各市区町村の窓口に提出
② 認定書を受け取る
③ 金融機関(もしくは信用保証協会)に認定書を持参し、融資の申込
④ 金融機関と信用保証協会で審査
⑤ 融資の実行
<今回適用されている制度>
MVC②
※詳しい条件と、5号の指定業種はホームページを参照してください。
4号はこちら 5号はこちら

日本政策金融公庫の新型コロナウイルス感染症特別貸付

日本政策金融公庫では、新型コロナウイルス感染症の影響により、一時的に業況悪化を来している中小企業を対象とした「新型コロナウイルス感染症特別貸付」を取り扱っています。

<融資を受ける手順>
① 借入申込書、売上減少の申告書等を日本政策金融公庫に郵送
② 書類の審査
③ 面談
④ 融資実行
MVC②
※詳しい条件についてはホームページを参照してください。

***************************************************

セーフティネット、特別貸付のいずれも、融資が実行できるか否かと融資実行額については、金融機関や信用保証協会の判断に委ねられていますので、必ずしも融資を受けられるわけではありませんが、冒頭でも述べたとおり、有事の際こそキャッシュポジションを引き上げる動きが必要です。弊社も申込書の作成など、ご協力できる部分がありますので、ご相談いただければと思います。

経営セミナー参加者募集中!

タイトルとURLをコピーしました