マネーフォワードなしに業務効率化は実現しない!?8種のサービスを一挙紹介

経理お役立ち情報

経理、財務、労務といった事務は、企業経営に欠かせない重要な業務です。しかし煩雑になりがちであり、多忙な経営者の頭を悩ませる要因の一つでもあります。

そこでおすすめめしたいのが、MoneyForwardクラウドシリーズです。

人材を雇用するより低コスト。さらにAIを駆使した学習機能を搭載したMoneyForwardクラウドシリーズは、使えば使うほど自分仕様に成長する便利なサービスです。面倒な事務作業を劇的に効率化します。

今回はMoneyForwardクラウドシリーズから、経理、財務、労務をサポートする8つのサービスの概要を紹介します。

MoneyForwardクラウドシリーズはここがすごい

経理、財務、労務をサポートするクラウドサービスは、MoneyForwardクラウドシリーズ以外にも数多くリリースされています。

その中でも特にMoneyForwardクラウドシリーズが、忙しい中小企業の経営者や起業家に支持される理由。それが、以下の8つです。

・操作が直感的でわかりやすい
・AI(人工知能)による学習機能で、使い込むほど操作性が上がり、利便性が高くなる
・データをクラウドで共有するので、社内担当者との共有のほか、税理士との連携もスムーズにできる
・クラウドデータにバックアップされるため、データの紛失による損失が発生しにくい
・法令や税制の改正に合わせ、ソフトがタイムリーにアップデートされる
・ソフトのアップデートが無料なので、追加コストがかからない
・経理、財務、労務に関わるさまざまなサービスがあるので、連携させてより包括的に経営状況を可視化できる
・メールやチャットによるサポート体制が充実している

MoneyForwardクラウドシリーズを投入すれば、有能な右腕を得たのと同様の業務効率化・業務精度のアップが見込めるでしょう。

MoneyForwardクラウドシリーズのサービス8選

MoneyForwardクラウドシリーズでは経理、財務、労務に欠かせない業務をサポートする8つのサービスが提供されています。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

MoneyForwardクラウド会計

MoneyForwardクラウド会計の強みは、以下この2つです。

・日々の取引のデータを自動入力・仕訳し、入力の手間を削減
・仕訳データを元に決算書を自動作成

MoneyForwardクラウド会計が連携する金融機関やクレジットカード、電子マネー、POSレジ、Amazonなどのインターネットショップなどのサービスは、実に3,000以上にものぼります。

日々行われる膨大な件数の取引。そのデータを逐一手入力するのは、多忙を極める経営者にとっては現実的ではありません。

MoneyForwardクラウド会計なら、すべての取引を自動で入力。学習能力のあるAIが過去の内容に基づいて自動仕分けするので、使えば使うほど業務効率がアップします。

また日々の取引データを元に経営状況のレポート作成を自動で行うので、リアルタイムで自社の経営状況を把握できるのも魅力です。

税理士とのやりとりもオンライン上で完結しますから、時間も節約できるでしょう。

MoneyForwardクラウド請求書

MoneyForwardクラウド請求書は、見積書 ・納品書・請求書・領収書の作成を効率化できるサービスです。

必要事項をフォームに従って入力すれば、簡単に帳票を作成できます。

作成した請求書をワンクリックでメール送信することも可能です。もちろんデータ保管や印刷も可能ですから、取引先のあらゆる要望に対応します。

MoneyForwardクラウド会計と連携すれば、取引状況が自動で反映されますから、転記漏れも防止。作業精度を増しながら、業務効率化が見込めます。

2023年からスタートするインボイス制度や、電子帳簿保存法にも対応する点もメリットです。

MoneyForwardクラウド経費

MoneyForwardクラウド経費なら、クレジットカードや各種サービスの取引明細を自動で連携させ、経費として登録することが可能です。

分析機能もあり、従業員や部門、費目ごとの経費の利用金額を、一目で把握することもできます。

また公共の交通機関を使用した際の交通費も、経路検索機能から自動計算できるので便利です。

毎月の経費入力の手間をMoneyForwardクラウド経費に託せば、経営者として為すべき業務により多くの時間を割けるでしょう。

MoneyForwardクラウド債務支払

MoneyForwardクラウド債務支払は、社内稟議のペーパーレス化、効率化に貢献するサービスです。

請求書払いに関する上長への申請、承認をオンラインで済ませることで、承認経路を明確にしながら承認作業を迅速化します。ペーパーレスですから、テレワークにも対応可能です。

オプションのBPOサービスを利用すれば、紙の請求書の開封、ファイリング、データ化、保管業務を一括で委託できます。もう会社に紙の請求書が届くことはありません。

電子帳簿保存法にも対応しており、紙やメールで受け取った請求書もオンライン上で一括管理できます。

さらに金融機関と連携すれば、支払いに際する振り込みもMoneyForwardクラウド債務支払からワンクリックで完了。手間の削減と社内統制が一気に実現します。

MoneyForwardクラウド勤怠

MoneyForwardクラウド勤怠は、従業員の日時勤怠からシフト管理、休暇取得状況の管理まで、包括的にサポートします。

基本勤務制だけでなく、シフト制、裁量労働制、フレックスタイム制といったさまざまな雇用形態に対応しています。

従業員の打刻、勤怠の登録や申請、承認もMoneyForwardクラウド勤怠から行えます。

法改正に合わせてタイムリーにサービス内容も更新される点も安心です。

36協定を遵守し、残業時間の上限を超えていないか、有給休暇の取得漏れはないかも一目で確認でき便利です。また異常があればアラートで通知されます。勤怠情報の管理はMoneyForwardクラウド勤怠に任せればて、経営者にしかできない業務に注力できるでしょう。

MoneyForwardクラウド給与

各種保険や所得税など、考慮すべき情報が非常に多く煩雑でありながら、ミスの許されない給与計算。MoneyForwardクラウド給与なら、毎月の給与計算にかかる時間と労力を大幅に削減します。

さらに数多くある給与計算のクラウドサービスの中でも、金融機関と連携し、給与振り込みがワンクリックでできるのはMoneyForwardクラウド給与だけ。(2021年10月現在)三井住友銀行とみずほ銀行に対応しており、給与にかかる一連の作業をMoneyForwardクラウド給与一つで完結することも可能です。

MoneyForwardクラウド年末調整

労務にかかる事務作業の中でも最も手間と時間がかかる年末調整業務。その一式をオンライン上で簡潔に実施できるのが、MoneyForwardクラウド年末調整です。

MoneyForwardクラウド年末調整は完全ペーパーレスで、年税額の自動計算や修正も網羅します。

MoneyForwardクラウド年末調整は、MoneyForwardクラウド給与と連携可能なので、同じデータを何度も入力するような煩わしさから解放されます。

MoneyForwardクラウド確定申告

MoneyForwardクラウド確定申告は、自営業や個人事業主にぴったりのサービスです。

2400以上の金融機関やサービスと連携して、日々の取引データを取得。AIが自動仕分けするので、日々伝票入力する手間がありません。

白色申告・青色申告の両方の書類作成ができる他、決算書も同時に作成できます。

e-Taxソフトでの提出にも対応していますから、ペーパーレスでMoneyForwardクラウド確定申告から確定申告を完了させることも可能です。

まとめ

MoneyForwardクラウドシリーズは、経理、財務、労務といった、日々の動向を追わなければならず煩雑になりがちな業務を最新のシステムでサポートし、業務の効率化に貢献するサービスです。

MoneyForwardクラウドシリーズと連携できる他のシステムも同時に利用すれば、、利便性を高め、会社の経営状況を可視化し、包括的に把握する一助となります。

操作する上での不明点を解消するためのメールやチャットでのサポート体制も整っており、一人で全てを抱え込みがちな中小企業の経営者の強い味方です。

この記事を読んで、MoneyForward クラウドシリーズの導入に興味を持たれたら、是非キャシュモまでご相談下さい。キャシュモは200社以上の導入実績を持つ、MoneyForwardクラウドシリーズ 導入のエキスパートです。御社に合わせた最適な導入のお手伝いをいたします。

経営セミナー参加者募集中!

タイトルとURLをコピーしました