経理と財務は別モノです!

経理お役立ち情報

「経理」と「財務」どちらも会社のお金に関する仕事ですが、

経理とは、会計業務の一部です。
「使用したお金」の管理をする、主に過去に関する仕事
なのに対し、

財務とは、経理が作成した資料を基に資金調達等を行います。
「使用するお金」の管理をする、未来に関する仕事
です。

中小企業では、財務担当は置かずに経営者経理の方が財務担当を担う事が多いです。

しかし、経理というと「仕訳をして帳簿を付けて決算書を作るまで」と信じている経理の方がほとんどです。
資金繰りは簿記学校でも教えて貰えない分野で、かつ責任も重大なので、嫌煙されてしまうため、
経営者が必要とするお金の情報はなかなか出てこない事が多いのが現実です。

経理と財務は、そもそもの性質が大きく異なります。
求められる能力も異なって来るため、あまり経理の方には期待しない方が良いかもしれません。

■ じゃあどうすれば財務機能が充実するの?

取れる選択肢は3つです。

①経理は取引結果を集計するだけと割り切り、コストを削り資金繰りは社長がやる
②ルーチン作業時間を短縮し、お金を任せられる人材を育てる時間にあてる
③経理も財務もアウトソーシングしてしまう

資金繰りは、会社の活動にとって重要です。資金が出入りする時期・金額を把握し、
管理する事で資金がショートする事を未然に防ぐ事ができます。

担当者の急な退職や、育成で困る事が無いように、
経理だけでなく資金繰りも丸ごとアウトソーシングするのが良いのではないでしょうか。

キャシュモではクラウドを駆使した経理アウトソーシングから、資金繰りのご支援まで
ワンストップで格安にご提供しております。

詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました