マネーフォワードクラウド給与を徹底解説!

労務お役立ち情報

マネーフォワードクラウド給与をご存知でしょうか。

クラウド型給与計算システムの一つで、導入することで業務的負担軽減やコスト削減を図ることができるので導入を考える企業も多いのではないでしょうか。

クラウド型給与計算システムは最近では多くの製品が普及しています。この中でも特に人気の高い、マネーフォワードクラウド給与はどのような利点があるのか、導入の方法など詳しく解説していきます。

マネーフォワードクラウド給与は組み合わせて使うと便利

マネーフォワードクラウド給与はマネーフォワードクラウドシリーズのシステムの一部です。

マネーフォワードクラウドとは、バックオフィスの様々なデータを連携し業務を自動化するクラウド型システムの総称であり、その他、会計・請求書・勤怠管理・経費精算・債務支払・確定申告などさまざまなシステムが含まれます。これらのシステムを全て使うこともできますが、必要なものだけピックアップして使用することも可能です。

マネーフォワードクラウド給与は単体でも便利ですが、他のマネーフォワードクラウドシリーズのシステムや外部サービスと連携して使用した場合さらに業務の効率化が見込めます。

以下、マネーフォワードクラウドとの組み合わせと外部サービスとの連携について解説していきます。

マネーフォワードクラウドとの組み合わせ

クラウド勤怠を組み合わせれば、勤怠情報が自動的に連携されるので、給与計算の際にいちいち勤怠情報を入力する必要がなくなります。

クラウド年末調整と組み合わせれば、年末調整の計算に必要な給与情報が自動的に連携されます。また、年末調整の結果が給与に自動的に連携されます。

クラウド会計と組み合わせれば、給与に関する会計仕訳が自動で連携されます。

主な例のみ記載しましたが、この他にもマネーフォワードシリーズのシステムと組み合わせることで、様々な業務効率化が実現できます。

外部サービスとの連携

すでに、勤怠管理システムは導入しているので給与計算だけの導入を考えている、という企業にもマネーフォワードクラウド給与はオススメのサービスです。

例えば、ジョブカン勤怠管理やKING OF TIMEなどを使用し、給与計算のみ新しいシステムを導入したいと考えているとします。マネーフォワードクラウド給与であればサービス単体の導入や外部システムとの連携ができます。

このことから、すでに外部サービスを使用しており特定のサービスだけを使用したい企業や様々なサービスを組み合わせて使用したいという企業にも適しています。

マネーフォワードクラウド給与を導入するメリット

マネーフォワードクラウド給与を導入するメリットは4つあります。
・給与明細を、いつでもどこでも閲覧できる
・業務負担の軽減が期待できる
・コスト削減が実現できる
・法令改正などへの対応が漏れなくタイムリーに実施できる
以下詳しく解説していきます。

給与明細を、いつでもどこでも閲覧できる

以前のような紙で配付される給与明細の場合、手元に給与明細がなければ閲覧することができません。しかし、Web化された給与明細の場合、ネット環境さえあればいつでもどこからでも閲覧できます。

業務負担の軽減が期待できる

マネーフォワードクラウド給与単体でも業務工数の削減は可能ですが、前述したように、マネーフォワードの他のシステムや、外部のシステムと組み合わせることで、大幅な業務負担の軽減が実現できます。

コスト削減が実現できる

給与明細の印刷や配布に係るコスト削減や、給与計算に関連する業務工数の削減により、大幅なコスト削減が実現できます。

法令改正などへの対応が漏れなくタイムリーに実施できる

給与計算においては、法令改正や増税・社会保険料の料率変更などへの対応という点も重視しなければなりません。マネーフォワードクラウド給与では、日々のサービス改善も含め、関連法令の改正も随時システムに反映されるので、安心です。

マネーフォワードクラウド給与導入にオススメの会社

マネーフォワードクラウド給与導入にオススメの会社は、以下の3パターンが挙げられます。
・従業員数が多く複数人でチェック作業を行う企業
・既にクラウド型勤怠システムを導入している会社
・社会保険手続きまで自社で行う企業
以下詳しく解説していきます。

従業員数が多く複数人でチェック作業を行う企業

企業の従業員数が多くなるにつれて給与計算にかかわる人数も増えますからヒューマンエラーが起こる可能性も高まります。

マネーフォワードクラウド給与を導入することで、各種システムからのデータ連携により、入力時のヒューマンエラーを撲滅できます。ですので、複数人での複雑なチェック作業を削減しつつ、給与計算の精度向上が実現できます。

既にクラウド型勤怠システムを使用している企業

マネーフォワードクラウド勤怠や、他社のクラウド型勤怠システムと連携することで、給与計算作業の大幅な効率化が実現できるので、既にクラウド型勤怠システムを使用している会社には、オススメです。

社会保険手続きまで自社で行う企業

社会保険手続きには膨大な時間がかかると思われます。

マネーフォワードクラウド給与とマネーフォワードクラウド社会保険を組み合わせることによって、作成した入退社などの社会保険届出書をクラウド上で保管でき、従業員ごとの対応状況管理、各種届出の電子申請が可能になります。この為、社会保険手続きまで自社で行う企業はマネーフォワードクラウド給与を導入することで大幅な業務効率化が期待できます。

どのようにしてマネーフォワード給与を導入するのか?

クラウド型給与計算システムを初めて導入しようと考えている企業からすれば、導入は難しいと思われるかもしれません。しかし、導入は簡単なので安心してください。

なぜなら、はじめに必要な設定項目は事業者設定と従業員設定でそれぞれ5つだけだからです。それぞれを設定した後は、自動で給与計算や明細を発行するので知識がなくても大丈夫です。それでは、事業者設定と従業員設定での設定内容をみていきましょう。

事業者設定

事業者設定では、
1.事業者名や住所といった事業者情報
2.締め日/支給日
3.健康保険/厚生年金保険の管掌設定
4.労災保険料率用業種設定
5.雇用保険料率用業種設定
以上の5つを設定します。

従業員設定

従業員設定では、
1.本人の氏名と誕生日
2.入社年月日
3.給与支給形態(月給制・日給制・時給制)
4.基本給などの支給額の情報
5.住民性などの控除額の情報
以上の5つを設定します。

マネーフォワード給与は安全なのか?

クラウド型給与計算システムの導入を考える際、一番大事になるのがセキュリティ面です。インストール型の会計ソフトやエクセルは自己管理が必要ですが、クラウド型はサービス提供者が主に管理します。

マネーフォワードクラウド給与は情報漏えいなどの対策がされているので心配はいりません。また、データが消える心配もないことからマネーフォワードクラウド給与は安全であるといえます。

まとめ

今回は、マネーフォワードクラウド給与について詳しく解説しました。

給与計算を自動化することで大幅な業務効率改善が見込めるからこそ、導入を考えている企業も多いと思います。しかし、クラウド型給与計算システムには多くのサービスが存在します。

マネーフォワードクラウド給与はその中でも、単独での導入ができ、導入も簡単なことから比較的導入しやすいサービスではないでしょうか。
自社の状況をあらためて確認し導入について検討してみましょう。

キャシュモはマネーフォワードクラウドシリーズの導入実績200社以上を誇る、マネーフォワードのプラチナパートナーです。マネーフォワードクラウド勤怠を始め、マネーフォワードクラウドシリーズの導入に少しでも興味がありましたら、是非キャシュモにご相談下さい。

また、キャシュモは社会保険労務士を始め税理士・財務コンサルタント・経理の専門家がワンチームで給与計算などのバックオフィス業務のアウトソーシングや、様々な経営課題へのアドバイスを提供します。労務や給与計算、その他経営に関するお悩み事もご相談下さい。

経営セミナー参加者募集中!

経営お役立ちメディア「FOLIO」を運営しているキャシュモでは、経営者のみなさまのお役にたつセミナーを毎月開催しています。
セミナーへのご参加は、以下のページよりお申込頂けます。
https://cashmo.jp/event/
セミナーでみなさまのお目にかかれることを心より楽しみにしております。
労務お役立ち情報
この記事が気に入ったら
いいねをして、cashmoをチェックしよう!
FOLIO -経理アウトソーシングのCashmoがお届けする経営お役立ちメディア-

経営セミナー参加者募集中!
参加申込はこちらから

タイトルとURLをコピーしました