記帳代行と経理代行のサービスの違い

経理お役立ち情報

経理業務のアウトソーシングには、「記帳代行サービス」と「経理代行サービス」があります。両者とも名前が似ていますが、二つのサービスの違いはご存知でしょうか。
本記事では、「記帳代行サービス」と「経理代行サービス」の違いについて説明します。経理アウトソーシングを利用する際には、両者の違いを理解し、自社にとってどのサービスが適しているのか見極める必要があります。
経理業務のアウトソーシングを検討しているものの、どのようなサービスの導入が必要か迷っている方は必見です。

記帳代行サービスの業務内容

まずは、記帳代行の業務内容についてご説明します。記帳代行サービスには主に「会計ソフトへの入力」と「帳簿の作成」の業務があります。

会計ソフトへの入力

記帳代行サービスのメインは会計ソフトへの入力作業です。各期末に行う決算書類の作成には、日々の取引を帳簿に記録する必要があります。記帳代行サービスでは、顧客から「領収書」や「請求書」などの取引が分かる資料を預かり、会計ソフトへ入力します。

取引を正しい勘定科目で仕訳するには、簿記に関する専門的な知識が必要となります。また、取引件数が多くなるほど仕訳数も増えるため、入力作業にかかる時間と労力も増加します。記帳代行サービスへ依頼することにより、このような毎月の経理業務に関する負担を大幅に削減することができます。

帳簿の作成

記帳代行サービスでは、会計ソフトへの入力以外に帳簿の作成も行います。作成する帳簿には、現金の増減を管理する「現金出納帳」、預金口座の増減を管理する「預金出納帳」、売掛金や買掛金の増減を管理する「売掛金補助簿・買掛金補助簿」、仕訳帳から総勘定元帳への転記が適切に行われているか確認する「試算表」、そして全ての取引を勘定科目ごとに記録する「総勘定元帳」などがあります。
税務申告に伴う決算書類の作成は年に1度ですが、多くの会社では月次決算を行います。月次決算には、「経営に関する財務情報をタイムリーに把握する」、「経理上のミスを早期に発見し修正する」などの目的があります。記帳代行サービスを利用することにより、月次決算を効率的に行うことが可能となります。
作成する帳簿の範囲は代行業者によって異なる場合があります。記帳代行サービスを利用する際には、サービスの範囲を必ず確認してから依頼するようにしましょう。

経理代行サービスの業務内容

次に、経理代行サービスの業務内容についてご説明します。経理代行のサービスには、記帳代行のサービスの他、振込や支払の代行などが含まれます。

記帳代行を含む数値管理

経理代行サービスには、先ほどご説明した「会計ソフトへの入力」や「帳簿の作成」など、記帳代行サービスの内容が含まれます。
さらに、経理代行サービスでは精査作業まで依頼することができます。単なるデータ入力や帳簿の作成だけではなく、支払や入金が正しく行われているかの確認や、領収書・請求書などと現金出納帳の照合などを代行してもらうことが可能です。
その他にも、社内会議や経営分析で使用する資料の作成、請求書の発行やファイリングなど、広範囲に渡って経理業務を代行してもらうことができます。また、税理士事務所が行っている経理代行サービスを利用した場合、決算書の作成や法人税の申告までをワンストップで依頼することも可能です。

振込や支払いの代行

振込や支払いは、お金を取り扱う業務であるためミスは許されません。取引先への支払いや従業員への給与振込など、毎月の作業量は決して少なくありません。多忙な日々の合間で、振込や支払といった作業に費やす時間を確保することが難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。
このような手間のかかる振込や支払いも、経理代行サービスならまとめて依頼することが可能です。経理代行サービスでは、顧客から提出された請求書などの資料を元に、「支払い予定表」を作成します。支払い予定表には、いつ・だれに・いくらの支払いをする必要があるかが明記されています。この予定表を元に、経理代行サービスでは期日までに確実に振込作業を完了させます。
また、多くの経理代行サービスではインターネットバンキングを利用しています。そのため、直接現金を扱うことなく、振込や支払いの代行を行うことが可能です。現金を取り扱わないことにより、防犯上のリスクやお金の数え間違いを防ぐメリットがあります。

記帳代行と経理代行の違い

ここまでで、記帳代行サービスと経理代行サービスの業務内容についてご説明しました。
それでは、この2つのサービスの違いは具体的にどのような点にあるのでしょうか。

経理代行サービスには記帳代行サービスが含まれる

経理代行サービスの内容には、記帳代行サービスも含まれます。経理代行サービスは、経理業務全般を幅広く代行するサービスであるため、記帳代行サービスが取り扱う会計ソフトへの入力や帳簿の作成も業務内容に含まれます。
記帳代行か経理代行かを選択する際には、自社の経理業務のどの部分を代行してもらうのかを整理する必要があります。例えば、日々の会計ソフトへの入力作業に追われているなどの場合では、記帳代行サービスを利用することで改善が可能です。これに対して、月次で発生する請求書の発行や支払いの業務、従業員の給与計算などが負担になっているのであれば、経理代行サービスを利用することで改善できます。
代行してもらいたい経理業務を洗い出し、自社にあったサービスを選択するようにしましょう。

サービスの費用が異なる

記帳代行サービスと経理代行サービスでは、費用面にも違いがあります。
記帳代行サービスは、経理代行サービスと比べて業務範囲が限定されていることから、比較的低料金でサービスを受けることが可能です。また、月間の仕訳数に応じて料金が設定されていることが一般的であり、月間仕訳数が100件程度までであれば1万円前後、300件程度までであれば3万円~5万円程度が相場です。
これに対して、経理代行サービスは記帳代行サービスの内容を含む経理業務を広範囲にサポートするサービスです。業務内容の範囲やボリュームによって料金が異なるため一概にはいえませんが、記帳代行・給与計算・請求書発行などの平均的なサービス内容では、月額5万円~7万円ほどが相場です。また、税理士事務所が行っている経理代行サービスを利用すれば、専門的な視点からの試算表のチェックも含まれます。さらに取引先への支払いや給与の振込など一連の経理業務を含めワンストップで委託できるようなトータルパッケージだと月々の費用は15万円前後が相場です。
記帳代行サービスも経理代行サービスも、パッケージに含まれていない業務を依頼する際には、オプション料金がかかることがあります。事前に料金体系や業務範囲をしっかりと確認したうえで利用するようにしましょう。

まとめ

記帳代行サービスも経理代行サービスも、会社の経理を外部に任せることができる便利なサービスです。日々のデータ入力を中心に代行を検討しているなら「記帳代行サービス」、数値管理や請求書の発行や支払業務など幅広い経理業務の代行なら「経理代行サービス」」へ依頼しましょう。
また、料金や業務内容だけではなく、いつでも気軽に質問できるか、アフターケアがしっかりしているか等も検討の際に確認すると安心です。

e-book配信中!

タイトルとURLをコピーしました