主要クラウド会計ソフトの解説。MF、freee、それ以外のソフトの特長。

経理お役立ち情報

昨今、クラウド会計ソフトは世の中に数多くリリースされていますが、その中でも代表的なのが、MF(マネーフォワードクラウド)と会計freeeです。
どちらの会計ソフトMFも会計freeeも魅力的であるため、これから導入しようと検討している人にとっては、選択に悩むことでしょう。本記事では、それぞれの特長や主な機能、料金プランについて解説します。合わせて、それ以外のクラウド会計ソフトについてもご紹介します。

MF(マネーフォワードクラウド)

まずはMF(マネーフォワードクラウド)について、その特長と主な機能、料金プランについて解説します。

MFの特長

MFの特長は、経理業務で必要になるすべての帳簿へアクセスしやすく、多方面からの伝票入力を可能にしている点です。この特長は経理経験者にとっては親しみやすい部分であり、MFが玄人好みだと言われる所以です。もちろん、経理初心者にとっても扱いやすいレイアウトなので、個人事業主から大企業まで、幅広く活用できるクラウド会計ソフトです。

MFの主な機能

MFの主な機能をご紹介します。

まずは、帳簿についての機能です。
仕訳帳、現預金出納帳、総勘定元帳、補助元帳、残高試算表など、会計帳簿を管理する上で必要な帳簿にすぐにアクセスでき、各帳簿の数字の整合性を容易に確認できます。

次に、業務効率化に関する機能です。
大量のデータを入力するのは時間がかかるものですが、他のシステムや表計算ソフトなどのデータをインポートする機能が備わっているので、月次処理などの繁忙期に活用することによって、業務効率化を図ることが可能です。
また、クラウド会計ソフトならではの機能である、銀行やクレジットカードとの連携機能はもちろん備わっており、自動仕訳の機能を使えば仕訳入力の時間を大幅に短縮できます。
他にも、マネーフォワードクラウドには、給与、勤怠、経費、請求書などのクラウドサービスが提供されているので、それらと連携することによって、さらなる業務効率化をサポートします。

最後に、経営分析における機能です。
MFは必要に応じて、キャッシュフローや収益・費用についてのレポートを出力できます。
特に経営資料に役立つのは、ローカルベンチマークの表示機能です。ローカルベンチマークとは、経済産業省が公表する6つの財務指標です。売上持続性、安全性、効率性、収益性、生産性、健全性の6つについて、今現在の状態をグラフに示します。これは、常に最新の経営状態を視覚的に把握できるので便利な機能です。

MFの料金プラン

個人であれば月額980円から、法人であれば月額2980円から利用できます。この料金で、会計のほか、給与計算、勤怠管理、経費精算などが利用できます。その他、IPO準備や中~大企業向けのプランもあります。

【初期費用】
不要です。
【料金プラン】
※30日間の無料お試し期間があります。
※価格は変動しますので、最新の情報は公式HPをご参照下さい。

会計freee

会計freeeについて、その特長と主な機能、料金プランについて解説します。

会計freeeの特長

会計freeeの大きな特長といえば、直感的な操作で会計処理ができる点です。経理の知識に乏しくても、あるいは全くの経理初心者であっても、画面上で求められた処理を一つずつこなしていけば、必要な帳簿が出来上がっていきます。実際に使ってみると実感できるのですが、経理の帳簿を扱っている感覚がありません。仕訳入力についても、過去の仕訳を簡単にコピーできるので、登録のストレスを感じさせません。経理処理に時間をかけたくない人におすすめのクラウド会計ソフトです。

会計freeeの主な機能

会計freeeの主な機能をご紹介します。

まずはトップ画面の操作感です。
ログインすると、画面上には連携する・しないに関わらず、登録している銀行やクレジットカードの残高が表示されます。経理業務においてやり残したことがあれば、「やること」という項目にて、該当する作業をアナウンスしてくれるので、作業漏れを防止することができます。また、最近登録した取引もトップ画面に表示されるので、後から入力内容を見直したい時にすぐにアクセスすることができます。

次に、レポート機能についてです。
最新の収益について、会計freeeはグラフと表の両方で表示します。タブや部門を活用することで、現状の売上分析が容易になります。これは部門ごとに把握したい方におすすめしたい機能です。

最後にお伝えしたいのが、仕訳登録機能です。
自動仕訳の機能もさることながら、過去の仕訳をコピーして登録することも簡単に行えるので、作業の負担を感じさせません。また、試算表から取引先を選択することで、過去の仕訳を参照し、コピーすることができます。仕訳の登録作業に時間をかけさせないのは、会計freeeの優れた点です。

会計freeeの料金プラン

会計freeeは月額1980円から利用できますが、含まれる機能は会計と経費精算です。MFと同様に給与計算や勤怠管理までを利用するためには人事労務freeeも必要となります。会計freeeと人事労務含めた料金は、月額3960円からとなります。

【初期費用】
不要です。
【料金プラン】
※30日間の無料お試し期間があります。
※価格は変動しますので、最新の情報は公式HPをご参照下さい。

MFと会計freeeの大きな違い

それでは、MFと会計freeeの大きな違いは何でしょうか。
ここでは、実務レベルで実感する違いを2点挙げておきます。

伝票番号がつくかつかないかの違い

MFは伝票を登録すると伝票番号がつきますが、会計freeeには伝票番号が存在しません。MFは経理経験者寄りの仕様になっているのに比べて、会計freeeはシンプルで、経理初心者でも取り組みやすい仕様になっているのです。
この違いは、利用者がいかに経理業務と向き合っていくかによって、その利便性が変わってきます。伝票番号があれば、経理データの見直しの際、その伝票番号を使って検索することができます。一方の会計freeeは、伝票番号がなくても、タブ機能を使って検索できますし、試算表から細かく掘り下げて確認することも可能です。
どちらの会計ソフトと相性が良いのかは、一度無料期間を利用して使ってみることをおすすめします。

経理の帳簿にこだわるのか、直感的な操作を重視するのかの違い

経理の帳簿により重きを置いているのがMFであり、直感的な操作が売りなのが会計freeeです。
どちらも捨てがたい特長です。会社としてどんな利便性を求めるのかをはっきりさせることで、選ぶ会計ソフトは決まってくるでしょう。

それ以外のクラウド会計ソフト

MFや会計freee以外にも、各メーカーがクラウド会計ソフトを提供しています。ここではその主なものをご紹介します。

勘定奉行クラウド

勘定奉行クラウドは、クラウド会計ソフトの基本的な機能があるのはもちろんのこと、Excelなどのデータと連携させることが可能です。また、マイクロソフト社の「Microsoft Azure」でセキュリティ管理をしているので、安心して運用できます。導入の際は、現在利用中のシステムから簡単に移行できます。もし移行作業に不安な場合は、導入の設定を依頼することもできます。

弥生会計オンライン

弥生会計オンラインは、クラウド会計ソフトとしての基本的な機能を備えていながら、MACでも使用できるという点が特筆すべき特長です。また、起業家応援キャンペーンとして、2016年1月以降に法人登記した法人は、弥生会計オンラインのベーシックプランについて、初年度無料で利用できます(通常は年額税抜30,000円)。
※最新の情報についてはHPをご確認下さい。

PCA会計DXクラウド

PCA会計DXクラウドの特長は、カスタマイズの自由度が高い点です。自社のニーズに合わせた運用ができるので、より利便性を追求したい方におすすめです。また、無料お試し期間が3ヶ月間ありますので、その間に使用感を十分確認しておけます。
※最新の情報についてはHPをご確認下さい。

大臣DXクラウド

大臣DXクラウドの便利な機能は、定期的に発生する伝票について、毎日登録、毎週登録、毎月登録といった形で予約しておける点です。仕訳しないといけない取引が数多く存在する企業にとっては、新たに人を雇わずして自動で登録してくれる予約機能は、人件費の削減に大いに役立ちます。

まとめ

ここまで、MF(マネーフォワード)と会計freeeについて、それぞれの特長や主な機能、料金プランについて解説しました。
どちらも優れたクラウド会計ソフトであることに変わりはないのですが、MFは玄人好みと言われるように、帳簿により重きを置いているのに対して、会計freeeは直感的な操作感に重きを置いており、視覚に訴えやすい表やグラフを用いているので、経営分析のしやすさに優れています。
また、それ以外のクラウド会計ソフトもいくつかご紹介しておきました。
どのクラウド会計ソフトを使うのかは、会社として何を求めているのかにかかってきます。無料のお試し期間を活用し、自社にとって最も有益なソフトを選ぶようにしましょう。

経営セミナー参加者募集中!

経営お役立ちメディア「FOLIO」を運営しているキャシュモでは、経営者のみなさまのお役にたつセミナーを毎月開催しています。
セミナーへのご参加は、以下のページよりお申込頂けます。
https://cashmo.jp/event/
セミナーでみなさまのお目にかかれることを心より楽しみにしております。
経理お役立ち情報
この記事が気に入ったら
いいねをして、cashmoをチェックしよう!
FOLIO -経理アウトソーシングのCashmoがお届けする経営お役立ちメディア-

経営セミナー参加者募集中!
参加申込はこちらから

タイトルとURLをコピーしました