実はスタートアップ企業こそ向いている?

経理お役立ち情報

アウトソーシングと聞くと、大手や中堅企業だけのものと思われ、
起業するときに「今は外注すべき規模じゃない」とご判断される
ケースがほとんどです。

5人位までは社⾧様が一人でやられても勉強になって良いかもし
れませんが、20名・30名と規模を拡大していくのであれば5人くら
いのうちからその先を考えてアウトソースした方が実は良いのです。

 スタートアップ企業の強みは0からフローを構築しやすい環境にあ
るところです。そうすると、規模が大きくなっても経理を置かずに
済みます。締め作業は責任者、入退社などの庶務的な事であれば
パートの方が行えば済んでしまう体制が出来上がります。

今後経理人口もますます減少していくので、そこを見据えて今か
ら業務改善を考え、思い切ってアウトソーシングした方が良いので
はないでしょうか?

正社員で採用していた経理がもし退職すると、後任の経理を雇う労
力が社⾧にかかってしまい、成⾧の妨げになってしまうのです。

タイトルとURLをコピーしました