経理を社外にアウトソーシングするコツとは?

経理お役立ち情報

小さな事からでもいいので“まずはやってみた方がいいです”。
今まで弊社にアウトソースを依頼してくださった会社の動機は
「経理が退職してしまった」というのがほとんどです。しかし、
経理が退職してからの導入となると、退職時の引継ぎ書があい
まいだったりブラックボックス化していて誰も分からない業務
があったりと、導入が⾧期化してしまうのです。

AIやクラウドが発達してルーティン作業が置き換え可能な現
在、30名以下の会社ではもう経理を抱える必要はありません。
間接部門に力を入れている暇があるなら、営業マンを一人増や
したり、自社のサービスを一生懸命磨き上げた方が会社にとっ
ては良いのではないでしょうか。

経理代行業者は数多くあるので、どこに頼めばいいのか迷い
がちですが、ポイントは以下の4つです。

①アウトソーシングサービスを会社として、
片手間でなく本業として提供しているのか
②二重チェック体制をとっているのか
③業務マニュアルはあるのか?
④社員に対して十分な教育や研修がされているのか

以上をクリアできている業者であれば、高クオリティな代行
サービスを安定して受けられる事間違いないです。「安全性」
と「継続性」が重要です、しっかりした会社を選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました