<クラウドによる経営改革 第2回>クラウド会計ソフトを活用し、生産性を向上させよう!

経営お役立ち情報

前回に引き続き、“クラウド”を活用した経営効率化についてご紹介します。本号では、最近、特に話題となっている「クラウド会計ソフト」について特集します。

クラウド会計ソフト活用のメリット

初期投資が不要な点やアップデートを気にすることなくいつでもどこでも最新版を活用できる点は、クラウド会計ソフトも他のクラウドソフトのメリットと同じですが、特に、ご注目いただきたいのは、他システムとのデータ連携による効率化(連携及び自動処理による業務効率化)の可能性です。
例えばネットバンキングやクレジットカードサービスとデータ連動し自動入力・自動仕訳ができれば大幅な効率化が可能です。また、クラウド型の給与計算ソフトや請求書発行ソフトを同時に利用することで入力や売掛管理等の工数の大幅削減もできるでしょう。

クラウド会計ソフトの紹介

クラウド会計ソフトの中でも、特に注目を集めているソフトをご紹介します。

① クラウド会計ソフトfreee

「スモールビジネスに携わるすべての人が、創造的な活動にフォーカスできるよう」をミッションに掲げるfreee㈱が手掛けている、クラウド会計ソフトの先駆け的存在です。
これまでの会計ソフトの概念を大きく変え、経理や簿記の知識がない人でも、簡単に入力から決算・申告まで使うことができるように設計されています。また、POSレジ、電子マネーなど数多くのシステムと連携しており、様々な処理を自動化できます。

② ハイブリット会計Crew

「『社長』『社員』『会計事務所』が『ビジネスの成功』という目標に向かって進む」様子を、全員が船に乗り込み、同じ方向に向かって進むことに例えて名付けられたシステムです。提供しているのは中小企業と会計事務所の繁栄を理念に掲げる㈱アックスコンサルティングです。
同システムは、高速入力が可能である一方で、摘要から科目を連想する機能がついており、会計業務になれている人から、そうでない人まで、使いやすい仕様となっています。
また、給与計算ソフトや請求書発行ソフトと連携させて活用する場合、パッケージで提供している同社のソフトがトータルコストではかなりお買い得です。

③ MFクラウド会計

個人向けの家計簿アプリでお馴染みの、㈱マネーフォワードが提供するソフトです。
人工知能を活用した仕訳ルールの自動学習や、テンキーのみでの入力機能など、使い勝手を重視した仕様です。また、国内で唯一、電子証明書に対応しており、法人口座から自動でデータを取得できるなど、金融機関が提供するサービスとの連携に特徴があります。
スマートフォン向けのアプリも提供されているため、手軽に会社の会計情報や、経営分析指標を知ることができます。

上述したようにクラウド会計は、経理業務を大幅に効率化する「可能性を秘めて」おり、「うまく活用できれば」経理業務に多くの時間を取られている経営者にとっては福音となるものです。ただ、やみくもに導入するだけでは、業務が混乱するだけです。

業務効率化の可能性を現実のものとするには、選んだクラウド会計ソフトの特性に合わせた経理手順の確立とリンクするソフトの最適化が不可欠です。経理業務の効率化を目指される方は、是非の弊社の担当者にお問い合わせください

経営セミナー参加者募集中!

タイトルとURLをコピーしました