勤怠管理システム比較

労務お役立ち情報

年次有給休暇の時季指定義務(2019年4月施行)、全ての労働者の時間把握義務(2019年4月施行)、時間外労働の上限規制(中小企業への適用は2020年4月)など、働き方改革関連法案の施行により、労務管理は会社にとって大きな課題となっています。より厳密な労務管理が求められ、従来の管理体制では対応しきれなくなりつつあります。

特に、勤怠管理の分野においては、タイムカードや紙の出勤簿による管理から、より客観的な方法で、かつ作業効率化にも効果的なクラウド勤怠管理システムが主流になってきています。今回は、代表的な勤怠管理システムを比較します。
MVC②
MVC②
今回ご紹介したシステムは、すべてMFクラウド給与とのAPI連携が可能ですので、よりスピーディーな給与計算が可能になります。また、機能に差はありますが、働き方改革にも対応しています。自社の勤怠管理について見直し、必要な機能はなにか考えることで、最適なシステムが見つかります。
導入から軌道にのせるまで、3~6か月はかかりますので検討中の方はお早めにトライアルを実施されてはいかがでしょうか。

e-book配信中!

タイトルとURLをコピーしました